角栓の除去ガイド TOP → 角栓の基礎知識 角栓のできる仕組み

角栓のできる仕組み

角栓とは、皮脂腺から過剰に分泌された皮脂や、周囲の古くなってしまった角質が剥がれ落ちず、毛穴中で凝固・発達したものです。お肌の表面を不潔にしていたり、皮脂を多く分泌しやすい脂症の人に起こりがちなものです。角質が出来てしまった部位は、お肌の表面が酸化して黒くなってしまうことがあり、見た目にもあまり好まれないのが一般的です。

角栓が出来る仕組みというのは、基本的にお肌の表面を不潔にしてしまっていることが原因となります。なぜなら、過剰に分泌された皮脂や、古くなってしまった角質を落とすには、スキンケアをしなければなりません。なのにスキンケアを怠って、お肌を不潔に保ってしまうと、角栓が出来てしまうのは必然と言えるのです。毎日のスキンケアをきっちり行うのが、角栓を出来にくくする秘訣と言えるでしょう。

とはいえ、脂症で皮脂が分泌されやすい場合などは、普通よりも念を入れてスキンケアを行わなければならないでしょう。また角栓の原因となる汚れは皮脂や角質だけでなく、落ち切らなかった化粧や、溜まったほこりなどが原因となることもあるのです。化粧をする方なら化粧を落とす時は入念に、ほこりに関しては自室をこまめに掃除するなどして、角栓が出来る原因を除去していきましょう。

角栓が出来る仕組みは、基本的に毛穴で汚れが溜まってしまうことにあります。スキンケアは念入りに行い、部屋などを綺麗にすることで、原因を一つずつ除去していきましょう。

角栓の基礎知識